自分でできる素行調査の方法

自分でできる素行調査の方法

 

素行調査は、探偵が最も得意とする調査の一つです。

 

依頼を受けて調査対象者の身辺に張り付き普段の行動に目を光らせ、ある時は関係者に聞き込みを行う、そんなテクニックを用いてプロの探偵は身辺の調査を行っています。

 

プロの探偵は素行調査を一人で行うようなことはしません。

 

尾行や張り込みを一人で行うことは不可能ですし、限られた調査期限内にできるだけ有力な情報を収集するためには、ある程度人を集めて人海戦術をとるのが効果的です。

 

婚約者や従業員など深く関わりのある人物のことを知りたいときはプロの探偵に素行調査を依頼するのが確実ですが、プロに頼めばいい仕事が期待できる分、費用もそれなりにかかってしまいます。

 

もしあなたがパートナーの浮気や同僚の不審な行動に疑いを抱いたら、プロの探偵に素行調査を依頼する前に少し調査してみるという方法もあります。

 

素行調査を自分でする事なんて可能なの?と思うかもしれません。確かにプロの探偵のような素行調査を行うのは不可能です。

 

しかし、素行調査のポイントさえ押さえておけば、素人でもそれなりの調査をすることは可能です。

 

身近にいるからこそプロには不可能な調査をすることも可能ですから、まずは自分でそれとなく行ってみるのがいいでしょう。

 

今日からできる持ち物チェック

 

素人が浮気調査を行う前に真っ先に手を付けたいのが、持ち物の調査です。

 

よほど警戒している人でもない限り、何か素行に問題があれば必ず証拠となる品物を持っているはずです。

 

持ち物の調査は素行調査を行う上で大変有効ですが、仮に本人の許可を得ずに持ち物調査などをすれば警察沙汰になってしまいます。

 

調査対象者の身近にいる人だからこそ、本人に気付かれずにこっそり持ち物をチェックすることができるのです。

 

素行調査目的で持ち物の調査を行う場合、重要になるのが普段の行動を知ることができる証拠です。

 

領収書やレシート、車の駐車券、携帯電話の通話記録、電子マネーの使用履歴、IC乗車券の使用履歴、クレジットカードの明細など、普段の行動が推測できる証拠はたくさんあります。

 

特に最近は決済の電子化が進んでいるので、本人さえ意識していないような記録から普段の素行を知ることも可能です。

 

スマートフォンに直接触れる立場にあるなら、GPSで位置情報を確認できるアプリをこっそりとインストールしておくのも効果的です。

 

調査対象者がスマートフォンに詳しくなければ、新しいアプリをインストールしても気づかれずにすむでしょう。

 

世界中のどこにいても本人の現在地が確認できますから、予定外の場所に言っているのが確実な時に現場に急行して素行を直接確認することが可能です。