優良な探偵を選ぶために

優良な探偵に出会うために

 

依頼人のオーダーを正確に理解し調査手法も適切なチョイスを行える探偵は優良な存在です。

 

当然、そのような優良な探偵であれば「調査に必要な費用見積」も低価格で正確性の高い金額を親切丁寧に「依頼人に理解しやすい説明」でつたえることが可能でしょう。

 

このような優良な探偵と出会うためには「探偵事務所や興信所に問い合わせを何度となく試みる」事が必要になります。

 

多くの探偵は「利益至上主義」が世間の評価であり、ご自分で問い合わせを複数回行うことによって「世間の評価が正しいか?」判断できることでしょう。

 

問い合わせてみて「如何に探偵が依頼人目線で話さない」ことが多いか実感できると思います。

 

依頼人が何を求めているのか理解しようとする「プロの探偵」は実は少ないです。

 

探偵や興信所を自称している調査業者の多くは「自らの調査力の持たない下請け丸投げ」のような調査を実施し、「依頼人との連携」も疎かになる実態があるようです。

 

このような調査を実施して依頼人のオーダーをクリア出来るわけが無く、その探偵の評価は「費用の割に薄い調査」や「納得の調査結果が出せない探偵」と世間的には評されるのです。

 

それでも新たな依頼人はこのような悪質探偵に調査を依頼してしまう悪循環にあります。

 

何故このような悪循環が作用するか不思議に思いませんか?

 

現在の探偵や興信所の需要は「広告効果」で決定されていると言って良いです。

 

検索エンジンの広告に「常に高額な広告費を費やせる探偵」に、新たな依頼人からの問い合わせが行くシステムが現代の状況と言えるでしょう。

 

探偵が良心的であるか?や低価格で納得の行く調査を実施してきた経験値をもっているか?などは、悩みや問題を抱えて相談する不安定な方には認識しづらいポイントとなってしまっているのです。

 

どんなに問題が大きく不安定な精神状況であっても「きちんとした探偵が見つかるまで根気よく問い合わせを続ける」事が最重要と言えます。

 

広告費を多く費やす探偵や興信所は「費やした広告費以上の報酬が必要になり調査の質が維持できるか?」という不安材料があり、私個人はおすすめしないが本音です。

 

優良な探偵に出会う努力をすれば「悪質探偵に依頼」する事態は避けられ、高額な調査費用を前金で請求などと通常では考えられない「社会性に欠けた」営業に遭遇する機会も激減すると思います。